home > 最新セミナー情報 > 食品開発のトレンドを探る-見えない兆しの変化を把握、ブレない新商品開発研究


最新セミナー情報

食品開発のトレンドを探る-見えない兆しの変化を把握、ブレない新商品開発研究

日時: 2007年12月12日 13:15 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は、2名様無料)
申込期間: 2007年11月7日 ~ 2007年12月11日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

 近年、世の中の変化、生活スタイルの変化等で、消費者ニーズやウォンツがますます複雑・多様化し、商品開発の世界では、どのような新製品を開発すれば売れるのか、あるいはヒットするのか、混沌として見えないのが実情となっています。
 今回のセミナーでは、この見えないニーズや変化の兆しをいかにして捉えれば、新商品開発の有力な手だてとなるのかということをテーマに、視点の切り口を2例、手法を1例、ご紹介いたします。
視点の切り口とは、家庭における食生活の実態や変化をスーパーにおける買物データ、いわゆるレシートから食品購入の変化を分析、急激に変わっている食の実態の解説です。
 また、世帯変化、単身世帯の急激な増加、特に高齢者単身世帯の増加と、未婚独身世帯の特徴と食生活、大幅に増える団塊世帯の特徴等、特化現象を整理して、食品開発のヒントとします。
 最後には、見えないニーズや変化の兆しを“見える化”する、新しい商品戦略手法「トレンド・マップ」を解説し、その活用方法を講演します。


▼講演1:午後1時15分~2時15分
  食品開発のトレンドを探る/スーパーでの食品買物データ分析、急変する食変化を探る
   ●購買履歴から何が分かるのか?
   ●「健康志向」「小分け」「上質」等のトレンドの検証
   ●顧客データ活用による潜在需要発掘のポイント

 【講師】ジェイビートゥビー株式会社 代表取締役社長 奥島晶子氏


▼講演2:午後2時25分~3時25分
  多世帯社会と食生活、今後の食品開発を考える

 【講師】株式会社博報堂 マーケティングセンターリサーチディレクター 中田清氏


▼講演3:午後3時35分~4時35分
  複雑・多様化の消費者ニーズの把握と新商品開発を探る
  見えない兆しの変化を読む新手法「トレンド・マップ」解説と活用

 【講師】株式会社三菱総合研究所 経営コンサルティング本部 事業戦略グループ 主席研究員 奥田章順氏


お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年6月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30