home > 最新セミナー情報 > 国産素材による価値創出/こだわり国産原料で訴求力UP


最新セミナー情報

国産素材による価値創出/こだわり国産原料で訴求力UP

日時: 2016年12月13日 13:00 ~ 16:30
場所: 東京・大井町 「品川区立総合区民会館きゅりあん」 6階大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 税別/新製品研究会会員様は3名様無料)
申込期間: 2016年10月31日 ~ 2016年12月13日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212


-和食文化を学び素材の素晴らしさを知る-
-桜スイーツブームを仕掛けたメーカーによる「桜の食300年」構想-
-無印良品「Cafe&Meal MUJI」での国産素材価値とは-


国産素材にこだわる食品アイテムは以前にも増しています。
商品名やパッケージに国産産地を記載するアイテムは多く、
こうした国産訴求が効果を呼び、
店頭では手に取られている傾向も少なからずあるでしょう。
ではあらためて、国産のよさとは何でしょうか。
安心・安全はもちろんのこと、作り手の顔が見えその信念に基づいた生産がなされていることで、
商品に寄り添う消費者もいるのではないでしょうか。
一方で自給率の低い日本が国産食材をいかに活用していくかで、
日本の農業・農家のあり方も変わってくるかもしれません。
また国産素材へのこだわりやその歴史をも知ることで、新たなインスピレーションが沸き上がるかもしれません。

本セミナーでは、国産素材を扱う
【久世福商店】や【無印良品・Cafe&Meal MUJI】、
さらに日本の美を食品に取り込む【桜スイーツ】などから、
新製品開発のヒントを探っていきます。

【講演1】 13:00~14:00

「久世福商店」からの提案
~和食文化と国産素材へのこだわり~

【講師】(株)サンクゼール 執行役員 MD本部 本部長 山田保和氏

【講演2】 14:10~15:10

桜から始まる四季折々のスイーツ素材 
~2017年の桜もち誕生300年を目前に~

【講師】山眞産業(株) 花びら舎 代表取締役 平出眞氏

【講演3】 15:20~16:20

無印良品「Cafe&Meal MUJI」の国産食材利用の取組み
~産地、生産者との取組みと、メニュー開発、スタッフ教育について~

【講師】(株)良品計画 カフェ・ミール事業部 海外運営担当 相良俊行氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年1月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31