home > 最新セミナー情報 > 成功したヒット商品開発事例


最新セミナー情報

成功したヒット商品開発事例

日時: 2008年3月25日 13:15 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」 6階・大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は、3名様無料)
申込期間: 2008年2月20日 ~ 2008年3月21日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

~開発の経緯とマーケテイング戦略を探る~

 食品におけるヒット商品の開発が益々難しくなっています。成熟した食品市場のなかで、消費者の嗜好・行動は多様化、細分化し、さらに商品サイクルも短くなっています。
 今セミナーでは、日本食糧新聞社制定の平成19年度「第26回優秀ヒット賞」に輝いた、パーソナルタイプの中華風おこげスープ「ハウス スープdeおこげ」(ハウス食品)と、トマト果汁入り低アルコール飲料「アサヒ トマーテ」(アサヒビール)の事例研究として、開発経緯とマーケテイング、そしてヒットさせるまでの戦略について講演します。

▼講演1:午後1時15分~2時15分
  『ヒット食品のトレンド分析と製品開発を探る』
  変化する消費者ニーズと、どんな食品が売れているのか、今後の食品開発のポイントを提言します。

 【講師】株式会社東急エージェンシー プランニング本部 QPR推進局 局長 水嶋敦氏

▼講演2:午後2時20分~3時20分
  『事例研究①「アサヒトマーテ」の開発とヒットへのマーケティング』
  業界初のトマト果汁入り低アルコール飲料をカゴメ社と共同開発。“野菜使用のアルコール飲料”という新市場を創出し、07年は、当初目標の2倍以上の販売実績を誇る。

 【講師】アサヒビール株式会社 酒類本部 マーケティング本部 商品開発第一部 チーフプロデューサー 米沢透氏
 
▼講演3:午後3時30分~4時30分
  『事例研究②「ハウス スープdeおこげ」の開発とヒットへのマーケティング』
  パーソナルタイプの中華風おこげスープ。地域限定発売後、好評のため一部供給が追いつかなくなったものの、カップスープ製品の中で上位シェアを維持。同社のカップ食品では「カップシチュー」に次ぐ規模となった。

 【講師】ハウス食品株式会社 マーケティング本部 調味食品部 開発マネージャー 塚田和彦氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31