home > 最新セミナー情報 > パッケージの大進化--商品PRから労働力不足解消まで


最新セミナー情報

パッケージの大進化--商品PRから労働力不足解消まで

日時: 2018年8月27日 13:00 ~ 16:30
場所: 東京・御茶ノ水「連合会館」201会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品会員は3名様まで無料)
申込期間: 2018年7月1日 ~ 2018年8月27日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-3537-1309

-凸版印刷/ヒットに繋がるデザインと、通販市場への対応-
-レンゴー/労力と売場を考えたパッケージ-
-大日本印刷/パッケージデザインでイマ、必要なこと-

 商品の顔となるパッケージデザインは、その商品のブランディングからイメージ戦略、そして売り上げを大きく左右する重要なポイントです。もちろんデザインそのものが、消費者の感性に響くこともありますし、近年では“機能性”の面で注目を集めることも少なくありません。常に生活者視点を念頭に、パッケージは進化しているといえましょう。

 また魅力を伝える手段としてのパッケージという一方で、商品の流通にも多大な影響を及ぼすことも忘れてはなりません。商品を運び、店頭に並べるという“労力”が、包装・包材ひとつで変化することをこの現代では念頭に置くべきでしょう。また通販やネット売買が活性化する中での、新しい戦略も必要です。

 今セミナーでは、イマの時代ならではの感性と技術で生まれた“パッケージ”について、大手三社様に最新情報を踏まえた上で、提案や今後の展開などについてお話を伺います。またとない機会ですので、是非ご参加下さいませ!


【講演1】 13:00~14:00(+質疑応答)

2018年パッケージトピックス
 ~IoTパッケージとEC専用パッケージの加速~
【講師】凸版印刷株式会社 生活・産業事業本部 パッケージソリューション事業部
商品企画部1T 森田総一郎氏、同2T 齊藤章弘氏

【講演2】 14:10~15:10(+質疑応答)

人手不足に対応したパッケージの新潮流
 ~日本の売り場を考えたSRPの進化~
【講師】レンゴー株式会社 パッケージング部門 開発営業第一部 開発営業第一課 担当課長 榎本匡宏氏


【講演3】 15:20~16:20(+質疑応答)

今行うべき、食品パッケージデザインの工夫とは何か?
~実例から見るデザイン動向~
【講師】大日本印刷株式会社 包装事業部 マーケティング企画本部 プランニング第1部第1課 任田進一氏


お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-3537-1309

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2018年12月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31