home > 最新セミナー情報 > 2019年 消費動向大胆予測 -Pontaカード/POSデータ/野村総研1万人アンケート-から読み解く


最新セミナー情報

2019年 消費動向大胆予測 -Pontaカード/POSデータ/野村総研1万人アンケート-から読み解く

日時: 2018年11月13日 13:30 ~ 16:50
場所: 東京・大井町 「品川区立総合区民会館きゅりあん」 6階大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 税別/新製品研究会会員様は3名様無料)
申込期間: 2018年9月19日 ~ 2018年11月13日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-3537-1309

― Ponta消費意識調査からみるポイント利用意向 ―
- POSデータから読み解く商品トレンド -
- 「生活者1万人調査」からみる消費動向 -


 2018年は特に天災に見舞われた一年でした。今夏は猛暑、地震や豪雨災害などによる被害も記憶に新しく、それを受けて生鮮市場は価格が高騰し家庭の財政を打撃しました。しかし一方で、外食産業は客単価のアップで増収したという流れも見受けられました。

 また、復興を含め、消費を活発化しようという動きもなくはありません。今秋の食品の新製品を見ても、消費者のさらなるニーズを掴もうと、技術革新とアイデアをもったアイテムが生まれており、価値を持って「買う」ことを促しています。

 さらに、忘れてはならないのは「ポイントカード」による消費行動でしょう。購入によって「お得に」なることを示唆したポイントカードが、購買行動を左右するといっても過言ではありません。

 2019年はどのような一年になるでしょうか。2018年の消費者の行動をデータから読み解き、来年の動向を探ります。



【講演1】 13:30~14:30(+質疑応答)

Pontaからみる、いまの消費者動向
 ~ポイント利用者の傾向と今後のニーズを探る~

講師:株式会社ロイヤリティ マーケティング
   コンサルティング・リサーチチーム シニアコンサルタント 齊藤公彦氏
   IDマーケティング営業第一部 部長 岡崎幸毅氏


【講演2】 14:40~15:40(+質疑応答)

POSデータからわかる食品トレンド2018-2019
  ~データの傾向から消費行動を読み解く~

講師:株式会社KSP-SP 営業本部 営業開発部 部長 塚原新一氏

 

【講演3】 15:50~16:50(+質疑応答)

生活者1万人アンケート調査から見る消費動向
   ~景気見通しと消費動向の変化~         

講師:株式会社野村総合研究所
   コーポレートイノベーションコンサルティング部
   グループマネージャー 日戸浩之氏


お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-3537-1309

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2018年10月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31