home > 最新セミナー情報 > 電子レンジ対応食品の開発と技術


最新セミナー情報

電子レンジ対応食品の開発と技術

日時: 2008年6月30日 13:15 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」6階・大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は、3名様無料)
申込期間: 2008年6月3日 ~ 2008年6月29日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

~電子レンジ、容器包装、品質安定剤の知識と活用技術~

電子レンジの一般化で、電子レンジ対応食品の開発が幅広く進んでいます。最近では、電子レンジの機能も多様化し、加熱や解凍以外、様々な調理法が進化しています。また、電子レンジ専用の容器を用いて、新しい電子レンジ食品の開発も散見されます。これからの食品開発に、電子レンジの利用を無視することができず、機能・調理法の仕組みを知ることは重要テーマとなっています。
 今セミナーでは、基本的な電子レンジの機能と調理、新しく機能付加したスチーム調理の仕組みについて、また電子レンジに対応した容器・包装に関する技術特性、電子レンジ対応食品開発に伴う保湿向上や食味・食感などの改善、品質向上技術について講演します。

▼講演1:午後1時15分~2時15分
  電子レンジ対応食品の開発における品質向上技術
  耐熱、耐寒、保湿向上技術と食味・食感の改善
  加工澱粉の有効な活用と電子レンジ対応食品の開発

 【講師】株式会社カーギルジャパン テクスチャライジングソリューションズ部 
  スターチ ラボラトリー マネージャー 鴻野健氏

▼講演2:午後2時20分~3時20分
  電子レンジ対応食品の容器・包装研究
  電子レンジに対応する容器・包装の機能と加熱調理の仕組み

 【講師】大日本印刷株式会社 包装事業部 開発本部製品開発部
  部長 戸田清志氏

▼講演3:午後3時30分~4時30分
  スチーム温度幅、レンジ史上最大の東芝電子レンジ「カロリエ」
  電子レンジの機能と多様化する調理の仕組み、新食品開発への提言

 【講師】東芝ホームアプライアンス株式会社 リビング機器事業部 レンジ・調理機器企画部
  初川嘉一氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31