home > 最新セミナー情報 > 米粉と商品開発 最前線!米粉の特性と加工適正、新商品開発を探る


最新セミナー情報

米粉と商品開発 最前線!米粉の特性と加工適正、新商品開発を探る

日時: 2008年10月28日 13:00 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」
受講料 : 15,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2008年9月24日 ~ 2008年10月28日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

米粉特集第2弾!
米粉と商品開発 最前線
~米粉の特性と加工適正、新商品開発を探る~

 米粉に対する注目は、ますます加熱しています。新たな食品の原材料として、米粉が持つ可能性は大きく、米粉ならではの加工品開発は今後活発化していくでしょう。もちろん価格高騰する小麦粉に変わる穀物原料としての価値もあり、マーケットの拡大予想は未知数です。
 農水省でも、米粉には多大なる関心を寄せています。米粉需要の広がりに期待を寄せると同時に、今年度秋の予算で、新規需要米に多額の予算を組み、本格的な供給体制づくりにも乗り出しました。ここ1~2年以内には、米粉生産量の大幅な増加は確実なものとなると予測されます。
今セミナーでは、米粉を取り巻く市場環境がどう整備されていくのか、新規需要米に対する国家支援内容と、具体的取り組みについて、最新情報を説明します。また、米粉の調理・加工特性および、米粉を原料とした食品加工の見通しなどについて講演します。

▼講演1:午後1時~2時15分

新たな米粉ビジネスの展望と課題
①米粉ビジネスとしての普及・拡大への要点
②米粉原料米の安定供給への仕組み
③新規需要米に対する21年度の国の支援内容(農水省予算)
④米粉製粉における技術的要因
⑤米粉を原料とした食品の可能性

【講師】(財)日本穀物検定協会 参与 萩田敏氏

▼講演2:午後2時20分~3時20分

注目される米粉・米粉加工品の市場性と次世代農業ビジネス
     
【講師】(株)三菱総合研究所
     先進ビジネス推進センター兼環境・エネルギー研究本部
     主任研究員 木附誠一氏

▼講演3:午後3時30分~4時45分

米粉の調理・加工特性と米粉加工品の開発・研究について

【講師】秋田県農林水産技術センター総合研究所
    食品機能グループ 高橋徹氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31