home > 最新セミナー情報 > 生活者ニーズに即応する商品政策


最新セミナー情報

生活者ニーズに即応する商品政策

日時: 2009年1月30日 1:30 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」6階大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2008年12月11日 ~ 2009年1月30日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

現代の消費者が求める食品と開発へのヒント
~POSデータ分析と、サンケイリビング新聞のネットワーク調査より~

 消費者の食生活、食に対する意識・関心が大きく変わりつつあります。かつては健康志向、簡便性、おいしさなど様々の要素が求められていましたが、いまはその理由付け、コンセプトが明確で分かりやすい、食べてその違いが分かるなど、その特徴が際立ち、鮮明なことが要求されてきています。
 
 また、世帯のあり方にも大きく変化が出ており、食品は即応する必要があるでしょう。さらには、昨今、食の事件が度々表沙汰になる中で、消費者がどのような視点で食品を買い求め、食品に望んでいるかという実態が揺れ動いています。

 今セミナーでは、混迷の消費者ニーズをPOSデータ分析(ASP形態)とFSPデータ(客層別対応プログラム)から分析し、どういった戦略を打つことで購買点数が上がるのか、実例をまじえて解説いたします。また、食品購買の要である現代の主婦達が、食品に対してどのようなポイントに価値を見出し、実際に購入に結びつけているかを、サンケイリビング新聞社の50万人のネットワークによる調査をふまえて講演いたします。


▼講演1:午後1時30分~3時00分

顧客動向分析を反映した商品開発へのアプローチ
FSPデータの分析から見える消費者ニーズの実態と販促展開

① 顧客属性付きPOSデータ分析(ASP形態)による現代の消費者像を実体化
② FSPデータ(客層別対応プログラム)の活用事例
③ 購買データを用いた、小売・卸・メーカーとのコラボレーション事例

【講師】ジェイビートゥビー株式会社 代表取締役社長 奥島晶子氏


▼講演2:午後3時10分~4時40分

現代主婦の「買っちゃう気持ち」を読み解く
-サンケイリビング新聞グループ女性マーケティングデータより
~食品購入における主婦の“価値観”と“行動”~
① 「コレよさそう!」 主婦の心に響く食品の変遷
② 買われる商品はいつ決まる? “衝動買い”と“コミュニケーション購入”
③ ひとくくりにできない、今どきの主婦の値ごろ感と本音  

【講師】リビングくらしHOW研究所 くらしHOW研究室長 藤田景子氏




お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31