home > 最新セミナー情報 > 3つの視点から読み解く【加工食品2010年の展望】


最新セミナー情報

3つの視点から読み解く【加工食品2010年の展望】

日時: 2009年12月7日 13:15 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」6階・大会議室
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2009年11月16日 ~ 2009年12月6日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

変貌する加工食品の市場をデータから読み解いていきます。
~世界の高級化とPB、国内POSデータ解析、日本の食生活の変化~

現在の日本では、PB商品にみられるように低価格化が進む一方で、NBは高質化路線を目指し、商品の2極化が顕著になっています。
しかし、既にPBが生活に定着している欧米では、日本とは異なる様子を見せているようです。日本での消費リーダーといわれる“アッパーミーハーミセス”たちは、NB、PBに影響を与える大きな存在ともいえます。

今セミナーでは、世界の食マーケットの実態と傾向を分析し、日本市場が参考になる具体的な商品や情報を解説するほか、2009年日本市場の実態をPOSデータをもとに分析し、伸びているカテゴリーや伸び悩むカテゴリー、秋の新製品の傾向を捉えて、2010年の食品市場を大胆に予測します。
また、“アッパーミーハーミセス”の食生活の実態とハレの日の「行事食」の変化を解説。来年からの新製品開発、販売促進の参考になるような講演を行います。

■講演1:世界の加工食品における高級化路線とPBのトレンド : 午後1時15分~2時20分

・2極化する世界のマーケットから、日本市場が学べること

【講師】株式会社Mintel Japan 代表取締役  吉川雄一朗氏

■講演2:POSデータから見たマーケットトレンド : 午後2時25分~3時30分

・2009年の傾向から、2010年の食品市場を予測する

【講師】株式会社KSP-SP 販売企画室 課長  林 義久氏

■講演3:「アッパーミーハーミセス」の消費と行事食の変化 : 午後3時40分~4時30分

・消費リーダー主婦が注目「気になる食」
・10年前と現在の「行事食」のとらえ方をデータから比較

【講師】リビングくらしHOW研究所 くらしHOW研究室長  藤田景子氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年1月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31