home > 最新セミナー情報 > 消費者購買心理の徹底把握


最新セミナー情報

消費者購買心理の徹底把握

日時: 2010年5月27日 13:30 ~
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2010年4月11日 ~ 2010年5月27日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

今「買わせる」動機付けとは -商品認知と購買の関係性-

 不況の時代に、より安いモノを求めよう、あるいは買い控えしようという生活者心理は当然といえます。
 しかし、食品の場合、全く買わないわけにはいきませんし、何よりも安心安全という保証が欲しいとなると、安いモノが最善ではないことも消費者はわかっています。
 また情報が多様化する中で、商品を購入する前に“事前調査”したり、“口コミ”を調べることも当たり前になってきました。それだけ消費者が商品について勉強し、価値を判断しているということなのです。
 また、“お得”なポイントや割引、お試し商品にも敏感に反応するようになってきました。

 今回のセミナーでは、評価された商品がどのように売れていくか、またどのように評価されるように仕掛けるべきかの実態に迫ります。
 さらに「消費者力検定」の結果から見た、消費者の購買意識を説いていきます。
 最後は、この3月にスタートし、ローソンなどでも大いに活用されている「Ponta」について、開発・運営側から見た共通ポイントサービスの商品認知や購買影響について解説いたします。


『ヒョーバン消費』の時代における購買心理 :午後1時30分~2時30分

  ・「評判」が「評判」を呼ぶ、ヒット商品の方程式
  ・「ヒョーバン消費」が広がっていく背景
  ・モノが売れない節約時代における消費者心理

【講師】(株)千趣会 ベルメゾン生活スタイル研究所 主任研究員 和田康彦氏

「消費者力検定」の結果からみる現代の消費心理 :午後2時40分~3時40分

  ・消費者の購買に関する問題意識の変化
  ・どこまで消費者は、“購入力”を備えているのか

【講師】(財)日本消費者協会 消費生活コンサルタント 市川まりこ氏

消費者と小売を結ぶ、新ポイント制度の価値と需要 ~「Ponta」スタートによせて :午後3時50分~4時50分

  ・ポイント制度による購買心理とは
  ・食品(新製品)をポイント制度で認知させることは可能か
  ・新制度「Ponta」の開発背景、目的と利点(特にローソンにて)

【講師】(株)ロイヤリティ マーケティング 代表取締役 長谷川剛氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年2月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28