home > 最新セミナー情報 > 2012年 食品業界の行方 ~ 商品購買傾向・原料価格・流通動向 ~


最新セミナー情報

2012年 食品業界の行方 ~ 商品購買傾向・原料価格・流通動向 ~

日時: 2011年11月22日 13:00 ~ 16:20
場所: 東京・表参道 南青山会館 本館 「3・4号会議室」
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2011年10月19日 ~ 2011年11月22日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212


 2011年も、そろそろ終わりが近づいてきました。今年は、不景気や消費控えの傾向を引きずったまま始まったところに、3月11日、東日本大震災が起こりました。
 震災は、食品業界にも多大な影響を及ぼしました。そもそも現地の工場が動かないことから始まり、日本列島を襲う消費供給不足、支援物資、副資材物資の不足等、多くの食品メーカーは東奔西走したことでしょう。
 
 一方で、こういった環境や状況を見据えた“新製品”も生まれたようです。“節電”“時短調理”“熱中症対策”など通い例ではないでしょうか。
 またこうした日本の状況もさることながら、様々な原料食品の価格が高騰していることも忘れてはなりません。

 まもなく2012年が始まろうとしている今、果たして、食品業界はどうのように動いていくのか。予測をもとに、政策や対応策を整えていくことが必要でしょう。

 今セミナーでは、2011年の売れ筋商品をもとに、消費者意識を分析しながら、来年の商品動向を探ります。また、原料価格変動について、有識者の方にお話しを伺います。最後は、卸の立場から食品流通がどう変わっていくかを説明いただきます。


【講演1】 13:00~14:00

多様化する世帯の特徴を探る-2012年予測
~消費者購買データ(QPR)を用いた夫婦2人・高齢者世帯分析~

【講師】(株)マクロミル
    データベース事業本部 QPR事業部 QPR事業部長
    小池直氏

【講演2】 14:10~15:10

食品メーカーをめぐる市場経済環境の変化と経営課題
~データから巨視的に見た市場環境の変化、食品メーカーの収益性~

【講師】(社)食品需給研究センター 常務理事
    関根隆夫氏

【講演3】 15:20~16:20

卸流通の立場から見た 2012年食品流通動向予測

【講師】三菱食品(株)
    リテールサポート本部長/R-プランニング部長
    原正浩氏


お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年2月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28