home > 最新セミナー情報 > 買い手の心理から紐解く    食品パッケージ最新情報       海外動向も紹介


最新セミナー情報

買い手の心理から紐解く    食品パッケージ最新情報       海外動向も紹介

日時: 2012年4月24日 13:00 ~ 16:20
場所: 東京・表参道 南青山会館 (3.4号会議室)
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様【無料】)
申込期間: 2012年3月16日 ~ 2012年4月24日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

技術とアイディア勝負の包装とは


 食品のパッケージは、消費者にとって購入の大きな判断材料になります。舌で確認する前に、“目で味を確認”するわけですから、慎重になるのはもっともです。商品の情報を的確・容易・素早く・効果的に告知するパッケージデザインが売上げを左右するといっても過言ではありません。

 また、ユニバーサルデザインに代表されるような消費者にとって"優しい“包装は、商品の拡大と育成にもつながります。開けにくい、しまいにくいといった不満の声を、いかに解消していくかは永遠の課題です。

 同時に、海外のパッケージには、やはり日本にはない斬新なアイディアが存在することも確かです。技術面だけでなく、発想面で世界の動向を見ておきたいものです。

 今セミナーでは、人間心理の観点で効果的なデザインの在り方を説明します。さらに進化した新製品とその狙いについて、最後は海外のパッケージについて紹介し、日本市場への導入などについても解説いたします。


【講演1】 13:00~14:00

心理学に基づくデザイン研究
~人間心理を考慮したデザインの実現~

<講師>
千葉大学大学院工学研究科 デザイン科学専攻 デザイン心理学研究室 
教授 日比野治雄氏

【講演2】 14:10~15:10

トップオープン包材の今後の可能性を探る
~新・易開封フレキシブルパッケージ「【BO】バナナオープン」とは~

<講師>
共同印刷株式会社 技術統括本部 包材製品開発部 部長 
包装管理士 片山洋氏

【講演3】 15:20~16:20

海外パッケージ事例研究&紹介 (仮)
~付加価値を与えるパッケージデザイン~

<講師>
日本テトラパック株式会社 マーケティング本部 ビジネスインテリジェンス 
エグゼクティブ 佐藤惠美氏

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年6月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30