home > 最新セミナー情報 > ヒット食品 事例研究          消費者が選ぶポイント/マーケティング戦略


最新セミナー情報

ヒット食品 事例研究          消費者が選ぶポイント/マーケティング戦略

日時: 2013年4月11日 13:00 ~ 16:30
場所: 東京・大井町 品川区民総合会館「きゅりあん」
受講料 : 20,000 円 (備考: 新製品研究会会員は3名様無料)
申込期間: 2013年3月11日 ~ 2013年4月11日

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

第31回食品ヒット大賞・優秀ヒット賞 受賞記念

-消費者が選ぶポイントとは
-マーケティング戦略研究


 食品事業を取り巻く環境は依然厳しい状況が続いていますが、節約しながらも手軽に充実感を得られる“楽しい食”を求める商品や、“おいしい”ことがリピートに繋がるといった、前向きな商品開発が目立つようになってきました。

 またごく最近は、既存の商品に新しい視点を加えた、常識を打ち破るアイデアの製品も登場しています。その裏付けには、“新・技術”が存在し、日本の技術・開発の『底力』を感じさせられました。

 今回の「食品ヒット大賞受賞記念セミナー」では、電通総研が話題・注目商品を通じて、時代の気分や深層トレンドを分析したレポートについて解説いただきます。また事例研究としては、日本食糧新聞制定の「ヒット大賞」受賞した「マルちゃん正麺」、および「優秀ヒット賞」受賞の「鍋キューブ」を取り上げ、ヒットまでの軌跡・マーケティング・各メーカーの方針などを講演していただきます。


【講演1】 13:00~14:00

ヒットは消費者が作る
電通総研が見る消費トレンド
~2012-2013 生活者が商品を選ぶキーワードとは~

<講師>
株式会社電通 電通総研 研究主幹 袖川芳之氏

【講演2】 14:10~15:10

事例研究① ヒット大賞「マルちゃん正麺」

 新製法『生麺うまいまま製法』により、乾燥麺でありながら生の麺の味わいを実現した。小さな鍋でも調理しやすい
 丸い麺の形、調理する際の麺のほぐれやすさ、食べやすい麺の長さといったこだわりも、消費者の支持につながった。
 プレミアム感を全面に出し、ゴールドを基調とした光沢のあるパッケージを採用。
 当初の年間販売目標は1億食だったが、発売3ヶ月後に2億食に目標を上方修正、発売1年で目標を達成した。

<講師>
東洋水産株式会社 経営企画部 部長 松永誠氏

【講演3】 15:20~16:20

事例研究② 優秀ヒット賞「鍋キューブ」

 鍋つゆのおいしさが詰まったキューブ状鍋用調味料。<鶏だし・うま塩><ピリ辛キムチ><寄せ鍋しょうゆ>の3種類。
 キューブ1個が1人前相当なので、入れる個数によって味の濃さや作る量を調節できる。
 従来のパウチやボトルの鍋用調味料の価格や量の調整、重さなどの不満点を解決。
 発売時の売上目標は、11 億円(シリーズ計、消費者購入ベース)。

<講師>
味の素株式会社 家庭用事業部 開発マーケティンググループ 島谷達也氏


お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ:03-6679-0212

※新製品研究会の有料会員会社は、原則3名まで参加費が無料です。
※セミナーによって、無料人数が変更になる場合があります。
※新製品研究会の詳細は、こちらをご覧ください。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31