home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「カルピス®ソフト」


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「カルピス®ソフト」
株式会社J-オイルミルズ
マーガリン事業部スタッフグループ長 丸川 治氏
加工油脂開発研究所所長 山口隆司氏

爽やかな「カルピス」で夏場の消費も促す

今、家庭用マーガリン(ファットスプレッド)市場が熱い。中でもJ-オイルミルズが3月に発売した新商品「カルピス®ソフト」は、“楽しさ”“おいしさ”をキーワードに大ヒットを続けている。

市場をけん引する今年最注目の商品となった「カルピス®ソフト」の開発について、マーガリン事業部の丸川治氏、加工油脂開発研究所所長の山口隆司氏に聞いた。

目次

  1. 1.多様化する消費に合わせ
  2. 2.発売前から話題騒然
  3. 3.新たな位置づけとしての商品

1.多様化する消費に合わせ

―「カルピス®ソフト」開発のきっかけは

丸川 パンの食べ方が多様化しているというトレンドがあります。

総務省が昨年行った家計調査を見ると、世帯あたりのパン消費額がコメを抜き、パン消費は堅調です。ただ実質はコメ消費の下落幅が大きいので、コメ離れが進んでいるとも言えます。

パン消費の上昇に合わせて、消費傾向も多様化し、おなじみのバター、マヨネーズ、ジャム、マーマレード、ピーナッツバターから『つけパン』『ひたパン』という食べ方提案まで、各メーカーもさまざまな対応を考えています。

マーガリンを販売している当社としても、こうした動向にどう対応すべきか検討したのがきっかけです。

 

カルピス®ソフトHPはこちら



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31