home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「1本満足バー」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「1本満足バー」シリーズ
アサヒ フードアンドヘルスケア株式会社
食品事業本部 食品マーケティング部 シニアチーフ
井田智子氏

“これからの元気”をサポートする満足な1本

“夕方からの頑張りに!”をコンセプトに、2006年から発売している「1本満足バー」シリーズ。コミカルな映像と耳に残るフレーズ「まん、まん、まんぞく〜」でお馴染みのTVCMは、多くの人の目に留まったのであろう、2012年4月に累計出荷本数1億本を突破、さらに2013年も前年比103%と引き続き大変好調な推移を見せる栄養調整食品だ。

これまでの“シリアル”や“ケーキ”タイプに加え、今回新たに“タルト”タイプも投入され、益々ファンの心を掴み、市場活性化を図っている。

同シリーズについて、開発からマーケティングに至るまで食品事業本部 食品マーケティング部 シニアチーフ 井田智子氏に話を伺った。

目次

  1. 1.夕方からの頑張りを後押し!
  2. 2.大満足のチョコレート感
  3. 3.スイーツ系も充実
  4. 4.食べれば納得!

1.夕方からの頑張りを後押し!

― 開発の経緯は?

井田 「1本満足バー」の前身として、1999年に「シリアルバー」を発売しました。しかし、当時バータイプの商品が他になかったこともあり、商品の価値を消費者にうまくお伝えできず、販売状況はあまり振るわなかったそうです。

そこで、同品をベースに全面リニューアルを施し2006年10月、「1本満足バー<シリアルチョコ><シリアルホワイト>」として新たに発売しました。2010年10月には初の広告投入と「シリアルブラック」を全国発売し、1本満足バーの売上は大きく伸張しました。

 
― 商品について

井田 コンセプトの『夕方からの頑張りに!』は、チョコレート味のバランス栄養食を、夕方に食用されている人が多いことがヒントになりました。また、中味のベースとなるチョコとシリアルで、“おいしさ”と“食べ応え”の両方の満足感が1本で得られることから、その名が付けられました。

ターゲットは20〜30代の働く男性です。外出先でもすばやくエネルギー補給ができるサラリーマンがターゲットですので、通常のバータイプの栄養調整食品よりも少し大きめで“ガッツリと食べられる”のも特徴です。

満足感、腹持ちのよさをサポートするための食物繊維(グルコマンナン)と、5種のビタミン(V.B1、V.B2、V.B6、V.B12、V.E)も配合し、栄養面からもサポートしています。

 
 


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30