home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > バイオガイアジャパン株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

バイオガイアジャパン株式会社
「バイオブレス」

予防医学の先進国といわれるスウェーデン生まれのバイオテクノロジー企業、バイオガイア。世界60以上の国の医療、健康に携わる企業や機関に販路を持つ、最大のプロバイオティクス専門メーカーだ。

オーラルケアへの意識や関心が高まる中、その日本支社であるバイオガイアジャパンから、口臭の原因となる菌の再繁殖を抑制するサプリメント「バイオブレス」が13年10月に発売された。同品を通して、口内の菌質管理により全身疾患の予防と健康寿命をのばす、新しい予防医療技術“バクテリアセラピー”の普及をめざす。

本品の狙いや日本における販売戦略について、同社エグゼクティブオフィサーの蒲谷庸介氏、シニアオフィサーの牟田貴一氏に話を伺った。

目次

  1. 口腔ケア先進国スウェーデンが誇るプロバイオティクス専門メーカー
  2. 日本の口臭ケアに革命をもたらす新習慣
  3. L.ロイテリ菌の有用性を全国の歯科から発信
  4. 治療ではなく予防するスウェーデン式の新たな取組み
  5. 菌の特性を生かすアイデアと技術で汎用性を高めていく

口腔ケア先進国スウェーデンが誇る
プロバイオティクス専門メーカー

バイオガイアは90年にスウェーデンで設立されて以降、プロバイオティクス乳酸菌の研究開発に100%特化してきた。中でも国際特許を持つ母乳由来のL.ロイテリ菌を活用したさまざまな商品やサービスを開発し、先駆的なアプローチで優れたプロバイオティクスを次々と市場に導入。今やバイオテクノロジー分野の中で、世界的に注目を集める企業の一つとなっている。

日本に進出したのは07年のこと。新しい産業の柱としてバイオテクノロジーに目をつけた広島県からの誘致を受け、バイオガイアジャパンを設立した。

牟田氏は、「日本法人設立の前に、某乳業メーカーさんが本社と契約し、L.ロイテリ菌を使ったヨーグルトを発売されています。

その後、私どもバイオガイアジャパンが、フリーズドライの乳酸菌を付加したストローや、食品などに直接垂らして摂取できるオイル滴といった、本国オリジナル商品を輸入して販売を始めました。アジア進出を視野に入れる中で、まずは市場の大きな日本から自社製品をもっと広めていきたいという狙いがあります」と語る。

バイオガイアは契約した企業に菌を提供するライセンス事業をベースとし、世界中でさまざまな食品や飲料に使用されている一方、自社製品の開発も積極的に行ってきた。

10年には総代理店契約を大手卸と結び、L.ロイテリ菌を配合した商品の販売を強化。13年10月にはL.ロイテリ菌を生菌のまま製品にしたタブレットタイプのサプリメント「バイオブレス」を発売した。同時に、日本初のオリジナル商品として「1dayプラス<ヨーグルト><ドリンクヨーグルト>」を発売したが、来る9月には終売し、今後はサプリメント商品に集約していくという。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31