home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「ハーゲンダッツ スプーンベジ」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「ハーゲンダッツ スプーンベジ」シリーズ
ハーゲンダッツ ジャパン株式会社
マーケティング本部 小松原恵理氏
マーケティング本部R&D センター 若生達矢氏

野菜を使ったアイスクリームで
ハーゲンダッツの新しいおいしさを体験して

ハーゲンダッツから、5月12日に新シリーズ「ハーゲンダッツ スプーンベジ」が登場した。同社としてはこれまでにない、“野菜を使ったアイスクリーム”である。

野菜を使ったシャーベットや、ご当地アイスなどはこれまでにもあったものの、「スプーンベジ」のようなミルクと野菜を合わせて作られたアイスクリームは類を見ない。

スイーツとしてのおいしさを徹底的に追求した同シリーズについて、マーケティング本部 小松原恵理氏、同本部R&Dセンター 若生達矢氏に話を伺った。

目次

  1. 1.軽やかなアイスの誕生
  2. 2.おいしさのバランスとは
  3. 3.デザインも一新!
  4. 4.浸透しつつある「スプーンベジ」
  5. 5.常に新しいおいしさを届ける姿勢

1.軽やかなアイスの誕生

― 野菜を主体にした理由は?

小松原 実は、開発当初から野菜を使った商品を考えていたわけではないのです。

当社のこれまでの商品は、濃厚でコクが感じられ、どちらかといえば甘みの強いものが多かったと思われます。乳脂肪分も高めで、いわゆる“ハーゲンダッツらしい”商品が主流でした。

そんな中、昨今はハーゲンダッツらしい濃厚さがありながらも、もう少し軽やかな口当たりの商品はないか?といったご意見が寄せられていました。

こうした声にお応えするべく、新しい商品を検討していくうちに野菜にたどり着いたのです。

また、野菜スイーツが流行っていることもひとつの要因です。フルーツや濃厚なクリーム感がなくてもハーゲンダッツらしい味を作り出し、目を引く新しさをご提供したいという気持ちもありました。

さらに、当社の主流とする濃厚な味わいの商品から遠ざかってしまっていたお客様を呼び戻したり、幅を広げたいといった目的もありました。

こうしたことから開発に着手したのですが、通常1年半〜2年くらいの開発時間を要するところ、本シリーズに関しては3年ほどかかりました。

 
 


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年4月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30