home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 株式会社ビオクラ食養本社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

株式会社ビオクラ食養本社
「野菜のマクロビオティッククッキー」

自然のものをなるべくそのままの形で食し、自然の力を体内に取り入れようとする、昔ながらのシンプルな食事法である“マクロビオティック”。玄米や、動物性食材不使用の食事のみならず、同社はクッキーやケーキなどのスイーツのジャンルにおいてもマクロビオティック製品を提案する。

マクロビオティックの意味や開発の目的などを、同社社長室 広報・PR担当の山部真奈美氏と、MD・開発製造 Team Leader・栄養士の舘野千瑞氏にうかがった。

目次

  1. CVSでの発売により一気に認知度が高まった
  2. マクロビオティックを手軽なことから始めてみる
  3. 自社契約農場設立で商品ラインアップが豊富に
  4. 大量生産になってもあくまでも手作りにこだわる
  5. 野菜クッキーを入口にマクロビオティックを提案
  6. おいしさにこだわったカフェ料理やスイーツ

CVSでの発売により一気に認知度が高まった

ビオクラ食養本社は、1998年創業のアルソア本社ライフサポートユニットを前身とした会社だ。同社が発売する「野菜のマクロビオティッククッキー」は、国産小麦粉や国産野菜パウダーなどを使った手作りのクッキーで、発売当初の<ごぼう><よもぎ><南瓜><紫芋>に加え、現在は<人参>や<とうもろこし>などの定番品のほかに、季節限定の<桜の花><とまと&たまねぎ><さつま芋&干し林檎>など豊富な商品ラインアップで消費者のニーズに応える。

「クッキーの一般発売は、ナチュラルローソンさんでの取り扱いが初めてでした。マクロビオティックのケーキやクッキーなど、いろいろとアイテムを提案した中で、賞味期限や価格などの面で相手先のコンセプト が合致し、クッキーになりました」と舘野氏は話す。

さらに山部氏も 「それまで弊社は通信販売がメインでしたが、CVSで扱っていただいたことで、そこから幅広いお客様に弊社の商品を知っていただきましたね」と当時を振り返る。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年1月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31