home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「BifiX」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「BifiX」シリーズ
グリコ乳業株式会社
マーケティング本部
発酵乳マーケティンググループ 小宮山秀年氏

国民的ビフィズス菌へ。おなかの中から笑顔にしたい!

グリコ独自のビフィズス菌『BifiX』を使用したヨーグルトとして、2008年に「朝食プロバイオティクスヨーグルト」を発売したグリコ乳業。昨夏には冷菓タイプ「BifiXフローズンジェリー」が発売された他(発売元は江崎グリコ)、今秋に新製品「高濃度ビフィズス菌飲料 BifiX1000」が発売された。(13年10月、関西地区先行発売、10月6日より全国に拡大。)

ヨーグルトといえば乳酸菌やビフィズス菌を含む商品は他社からも発売されているが、これらと異なる効能は何だろうか。

『BifiX』の発見から現在の商品ラインアップに至るまで、グリコ乳業 マーケティング本部 発酵乳マーケティンググループ 小宮山秀年氏に話を伺った。

目次

  1. 1.新しいビフィズス菌の発見
  2. 2.ヨーグルト以外にも展開
  3. 3.一気にペロッ!食べやすい甘さが好まれる
  4. 4.アンバサダーによる拡散プロジェクト

1.新しいビフィズス菌の発見

― 商品名の流れについて

小宮山 現在販売されている「朝食BifiXヨーグルト」は、2002年に「朝食プロバイオティクスヨーグルト」という商品名で誕生しました。

その後2008年よりビフィズス菌『BifiX』を使用し、『おなかで増えるビフィズス菌』というキャッチコピーを掲載しましたが、よりビフィズス菌『BifiX』について知っていただけるよう、2013年発売の商品には「朝食プロバイオティクスヨーグルト BifiX」とつけました。

ですが、この長い商品名をもっと簡潔にわかりやすくすべく、2014年2月に発売した商品から「朝食BifiXヨーグルト」と名づけました。

 


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年3月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31