home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「acure made(アキュアメイド)」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「acure made(アキュアメイド)」シリーズ
株式会社JR東日本ウォータービジネス
営業本部 商品部 部長 昆野貴行氏

“ここにしかない価値”をエキナカからお届けしたい!

エキナカ自販機専用のオリジナル商品「acure made(アキュアメイド)」シリーズが、2014年10月、新たに誕生した。同シリーズを展開することで、新しい価値の提案と限定感をキーワードに、自販機の魅力を高め売上増加を目指すという。

また、開発にはエキナカ自販機の会員組織「acureメンバーズ」にも参加してもらうなど、消費者視点での開発も展開している。

シリーズ誕生の背景や商品特徴、独自の自販機を通じた販促などについて、営業本部 商品部 部長 昆野貴行氏に話しを伺った。

目次

  1. 1.オリジナル性を追求
  2. 2.差別化を図った商品展開
  3. 3.新たな需要を獲得するために
  4. 4.重点はコミュニケーション

1.オリジナル性を追求

― 「acure made」誕生の経緯について

昆野 弊社では “ちょっとした癒し”をコンセプトにした「acure(アキュア)」という自販機を展開しています。こちらに並べるオリジナル商品の開発は、主にメーカーとタイアップしながら手掛けてきましたが、これだけ多くのオリジナル商品を販売しても、お客様にはJR東日本エキナカ限定商品であることが知られていないのが実情です。

例えばオリジナルの水「FROM AQUA」、茶系飲料「朝の茶事」、果汁飲料「青森りんごストレート100%」など、根強い人気の商品もありますが、商品の持つよさをこれまで以上にお客様にお伝えしたいと思い、今後発売する商品については、ひとつのブランドにまとめていこうと考えました。

また、社内に向けたメッセージとしても、こうしたひとつのブランドを立ち上げることで、魅力ある商品を作りあげることを、お客様にお約束する体制を整えるといった点も挙げられます。

お客様自身も、“そこだけにしかないもの”に価値を見出していることから、同シリーズを介して、我々の自販機の特徴や限定感を訴求した方がよいのではないかと考えました。

 


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年7月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31