home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 大塚食品株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

大塚食品株式会社
「しぜん食感 CHiA <ココナッツ><カカオ>」

1レトルト食品や飲料を中核事業とする大塚食品は、素材を生かして食べる楽しさと健康を届ける「しぜん食感」シリーズを今年4月から展開している。第一弾として上市した飲料「しぜん食感 極ベジ onion」(通販のみ)に続き、9月1日には、スーパーフードとして注目を集めるチアシードを使用したビスケット「しぜん食感 CHiA<ココナッツ><カカオ>」を1都3県限定発売した。

これらの商品を通して、毎日手軽に続けることができる新しい健康習慣を提案し、「しぜん食感」ブランドを市場に定着させたいと意気込んでいる。

本品の開発背景や製法へのこだわりなどについて、同シリーズを担当するプロダクトマネージャー森恵愛氏に話を伺った。

目次

  1. チアシードのプチプチ感を生かし、ビスケットという形態に
  2. 活況が続く健康食品市場。スーパーフードブームが追い風に
  3. どんなシーンでも手軽に食べられるサイズ感と価格設定
  4. 栄養価の高さを訴求し、ロングセラーを目指す
  5. 『しぜん食感』シリーズ第一弾は“タマネギ”

チアシードのプチプチ感を生かし、ビスケットという形態に

1955年の創業以来、世界初の市販用レトルト食品「ボンカレー」をはじめとする数々のロングセラー商品を手がけ、新たなライフスタイルを創造してきた大塚食品。『美味、安全、安心、健康』をコンセプトに掲げ、レトルト食品と飲料という二本の柱を中心に、高付加価値商品の開発を行ってきた。

近年は素材に着目し、“おいしく、楽しく、からだよろこぶ素材感”をキャッチフレーズとした「しぜん食感」シリーズを今年4月にスタート。第一弾として、ケルセチン高含有のたまねぎ「さらさらゴールド」をまるごと使用した「しぜん食感 極ベジ onion」を数量限定で発売。9月1日には、第二弾として「しぜん食感 CHiA <ココナッツ><カカオ>」を上市した。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31