home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「ベジグラーノ」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「ベジグラーノ」シリーズ
カゴメ株式会社
マーケティング本部 家庭用企画部 食品グループ
中尾史氏

忙しい朝もこれ1品で!
バランスのよい食事ができる新しいスープの提案

カゴメは8月18日、忙しい朝でも1品で野菜と雑穀が摂れる食べ応えのある洋風スープ「ベジグラーノ」シリーズを発売した。発売から2週間で出荷数25万食、当初目標を300%上回るといった、大変好調な滑り出しを見せている。同社がこれまでに培ってきた技術を駆使しつつ、まったく新しい具だくさんスープの提案が奏功した模様だ。

同シリーズの開発に至った経緯やこだわり、今後の展開について、マーケティング本部 家庭用企画部 食品グループ 中尾史氏に話を伺った。

目次

  1. 1.ニーズに合致し支持を得る
  2. 2.食べ応えあり!こだわりの野菜と雑穀
  3. 3.想定を超えた反響を得る
  4. 4.トマトと野菜をかしこく摂取

1.ニーズに合致し支持を得る

― 大変好調な滑り出しですね

中尾 おかげさまで、発売から2週間で当初目標の300%にあたる、出荷数25万食を達成しました。現在も159%と、大変好調な様子を見せています。これは、同品のコンセプト『忙しい朝にもこれ1品でバランスのよい食事ができる』とお客様のニーズが合致したこと、さらに8月中旬以降の急激な気温の変化も手伝い、多くの女性からご支持頂いた結果だと考えています。

当社がスープを提案した新しさがバイヤー様からの反応もよく、SMだけでなくドラッグストアからも引き合いがあり、商談が好評に進んだ結果でもあります。

 


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年3月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31