home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > ライオン株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

ライオン株式会社
「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」

オーラルケア事業の国内トップメーカーとして市場を牽引しながら、生活に密着した多様な製品を世の中に送り出してきたライオン。近年の健康意識の高まりを受け、健康食品市場にも参入し、2007年には多機能タンパク質として知られるラクトフェリンを含有したサプリメント「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」を発売。そして、2015年4月の「機能性表示食品制度」の施行に合わせて、同品を機能性表示食品として改良新発売した。その結果、売上や顧客獲得数は大幅に伸長している。

同品の発売の経緯や改良のポイント、今後の展望などについて、ウェルネス・ダイレクト事業本部事業企画部主任部員の吉野輝彦氏に話を伺った。

目次

  1. オーラルケアの研究中にラクトフェリンの新たな機能を発見
  2. 機能性表示食品として再出発し、顧客獲得数は約2倍に
  3. ウェブを主体とした広告戦略で“ラクトフェリンのライオン”

オーラルケアの研究中にラクトフェリンの新たな機能を発見

1891年の創業以来、人々の暮らしに新しい価値を創造してきたライオン。創業時の石鹸原料とマッチ原料の製造販売から始まり、2年後の1893年には石鹸の販売をスタート。1896年粉ハミガキを発売以来、さらに時を経てオーラルケア事業を一つの柱にして成長してきた現在では、長年蓄積してきたノウハウやブランド力などの強みを生かしつつ、生活をより快適にするための新規性の高い商品を生み出し続けている。

そして2007年、近年の高齢化や生活習慣病の増加などを背景に人々の健康意識が高まりを見せる中、「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」を発売した。ラクトフェリンは、母乳に含まれ、赤ちゃんの健康を守り成長を助ける成分として注目される、乳由来の多機能たんぱく質。このラクフェトリンに内臓脂肪を低減させる作用があることを見出し、健康食品として上市。内臓脂肪と健康リスクが注目されている時流にも後押しされ、以来ラクフェトリン健康食品市場で6年連続年間売上トップを記録するなど、消費者の反響を呼んでいる。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31