home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 液みそ <信州みそ><合わせみそ>


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


液みそ <信州みそ><合わせみそ>
マルコメ株式会社
マーケティング部 マーケティングチーム 
主任佐藤宏一氏

味噌との距離を縮めて、手軽に味わってほしい

味噌市場全体が低迷している中、個性的な商品が登場した。マルコメ株式会社が09年3月発売した液状タイプの味噌「液みそ <信州みそ><合わせみそ>」(ともに550g・350円)である。具材の入ったお湯に、本品を混ぜるだけで味噌汁ができるという。味噌を溶く手間がなく、溶け残りもないという利便性の高い商品となっている。

味噌を液状にし、容器を変えることで、料理の用途が広がり、冷蔵庫内への収納がしやすくなった。レシピ提案やプロモーション活動も奏功し、発売3 ヶ月で出荷累計が100万本を突破するという、同社にとってこれまでにないスピードを記録している。

同品が発売されるまでのいきさつや味作り、今後の展開などについて、マーケティング部 マーケティングチーム主任 佐藤宏一氏に聞いた。

目次

  1. 味噌を液状にすることで広がる可能性
  2. TVCF 躍進企業に
  3. 味噌の消費量に危機感
  4. 「だし入り味噌」に「だしをとる」人が約60%
  5. 走り抜けた半年間

1.味噌を液状にすることで広がる可能性

― 発売3 ヶ月で出荷累計が100万本に達成した理由は何でしょう?

佐藤 ヒットした最も大きな要因は、手間をかけずに味噌汁が作れるという簡便性や、味噌汁以外の料理にも使いやすいという汎用性、だしが効いたおいしさだと思います。

「液みそ」は、液状タイプのだし入り味噌です。そのため、溶けやすく、調理の手間も時間も短縮できる。お客さまからは、 「味噌料理を作るとき、味噌を溶くという行為は、あたり前だと思っていたから驚いた」 「気軽に味噌汁が作れるようになって、飲む機会が増えた」 「おかず料理にも使いやすくて、便利」 といった声が届き、私たちにとっても嬉しい限りです。通常の味噌と「液みそ」を使い分けている人も多いようです。

今まで固形状だった味噌を液状にし、容器を変えことで、簡便性や汎用性が飛躍的に高まりました。カップタイプのプラスチック容器入りだと、角にある味噌がとりにくかったり、冷蔵庫の場所をとったりしてしまいます。

しかし、ボトルにすることで、最後まで使えますし、冷蔵庫のポケットに立てられて場所もとりません。このような点も喜ばれているようです。

2.TVCF 躍進企業に

― 他メーカーで似た商品を出していたと聞いたことがあります。


まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年7月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31