home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 昭和産業株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

昭和産業株式会社
「SHOWA 和ホットケーキミックス」

“穀物ソリューション・カンパニー”として、小麦粉やプレミックス、食用油などを手がける昭和産業。同社が16年3月に発売した「SHOWA 和ホットケーキミックス」は、日本アクセス春季展示商談会で発表された「2016年 Mart 新商品グランプリ─加工食品部門」のバイヤーからの人気投票は2位、“Mart”読者の人気投票では4位にランクイン。同品の売れ行きも極めて好調で消費者からの評価も高く、新たな購買ニーズを掘り起こすことにも貢献している。

そんな同品の開発の背景とその経緯、今後の商品展開について、昭和産業株式会社 商品開発研究所 家庭用グループ グループリーダー 管千香氏、商品開発研究所 家庭用グループ 望月梓氏、食品部 販売第二課 課長 大谷晴彦氏の3人に話をうかがった。

目次

  1. もちもち食感は洋菓子のイメージにあらず
  2. コーヒーポーションをヒントに決まった商品コンセプト
  3. 2つの魅力を訴求する戦略を敢えて放棄する決断
  4. ゆとりのあるアッパー層から高く支持されている
  5. “天ぷら粉の昭和産業”からの脱却と原点に立ち返った商品提案

もちもち食感は洋菓子のイメージにあらず

好評を博している同社の「SHOWA 和ホットケーキミックス」には、その元になっ ている商品がある。

「当社では業務用でさまざまな食感のホットケーキミックスを商品展開しておりますが、その素材を生かして、2011年に“もちもち食感”の家庭用ホットケーキミックスを発売しました。これが、いわば前身の商品ですね」と、管氏。11年当時、世間ではミスタードーナツの「ポン・デ・リング」や、もちもちのベーグルといった“もっちり食感”の食品が注目を集めており、同社でも相応の期待を込めて「SHOWA もちもちホットケーキ」を発売したという。

しかし、「購入してくださったお客様からの評価は、とても高かった」(管氏)ものの 好成績といえるほどの数字には結びつかず、販売終了となる。管氏いわく、「それでも、当社の強みである粉の配合技術力の高さを存分に生かして作り上げた“もち感”のある生地ですから、品質自体には大きな自信がありました。実際、味も悪くなく、社内でも人気が高かった。そんなことから、“もち感”のあるホットケーキミックスの商品展開に再トライしてみよう、ということになりました」



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31