home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 株式会社中島菫商店


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

株式会社中島菫商店
「麻布十番」シリーズ /「メゾンボワール」シリーズ

ワインの輸入やオリジナル商品開発も手がける中島菫商店。

13年8月に自社企画・開発商品のブランドとして「nakato」を創設し、一人前のレトルト商材「麻布十番」シリーズを展開。15年2月にはワインに合うおつまみシリーズとして「メゾンボワール」シリーズを立ち上げた。素材や味づくりにとことんこだわった高級路線の商品群としてそれぞれ人気を博している。

本品の開発の背景や商品づくりのねらいについて、商品開発部の香川浩利氏と中村吏恵氏、谷純平氏に話をうかがった。

目次

  1. もちもち食感は洋菓子のイメージにあらず
  2. コーヒーポーションをヒントに決まった商品コンセプト
  3. 2つの魅力を訴求する戦略を敢えて放棄する決断
  4. ゆとりのあるアッパー層から高く支持されている

もちもち食感は洋菓子のイメージにあらず

ワイン販売からシステム開発まで幅広い事業を展開する中島菫商店グループ。その 中のひとつ、食品事業では、高品質な海外食品の輸入販売や高品質なオリジナル商品の企画、開発を行っている。13年8月に創設された「nakato」ブランドは、素材にこだわり、手間を惜しまずに仕上げた上質な商品と食を楽しむ文化を提案する自社ブランド。こだわった素材を使った「麻布十番」と「メゾンボワール」というふたつのシリーズを展開している。

「麻布十番」シリーズは、カレーやパスタソースを中心とした一人前のレトルトタイプ。レトルトという簡易食品でありながら、満足感の高いこだわりの商品に仕上げている。

パッケージは、本をイメージした洗練されたデザインで、帯の部分には調理工程の イメージ写真を加え、手作り感を表現している。同シリーズについて香川氏はこう語る。「弊社のオフィスがある麻布十番という地名は認知率が高く、多くの方々に非常に良いイメージで捉えられています。そこで“一食を大切にするあなたへ。古 くて新しい街、麻布十番から大切な一皿をお届けします”をコンセプトに、麻布十番に実在しそうな洋食屋さんを想定し、麻布十番という冠をつけるにふさわしいメニューと中身にこだわった商品づくりを行っています」



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年12月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31