home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「ポテトチップスクリスプ」


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「ポテトチップスクリスプ」
カルビー株式会社
マーケティング本部 ポテトチップス部
新規ポテトチップス課 課長 御澤健一氏

ついに登場! 筒型ポテトチップス
市場活性化にもテコ入れ

カルビーの基幹商品「カルビーポテトチップス」とは全く異なる、『成型タイプ』の「ポテトチップスクリスプ」がこの度発売となった。当初、2015年8月発売を予定していたが、生産段階でのバラつきが発生し発売延期、1年後の16年8月に満を持して市場に投入された。

成型ポテトチップス市場はアイテムが固定されていることもあり、これまで目立った動きがなく、「ポテトチップスクリスプ」の登場はテコ入れとしても大いに期待されている。

同品の開発経緯やご苦労、マーケティングについて、マーケティング本部 ポテトチップス部 新規ポテトチップス課 課長 御澤健一氏に話を伺った。

目次

  1. 1.未参入分野への挑戦
  2. 2.好評を博し、いざ販売へ
  3. 3.他にない食感と味わいを目指して
  4. 4.ブランド力を生かした店頭販促
  5. 5.“おいしい”成型ポテトチップスを!

1.未参入分野への挑戦

― 成型タイプ参入の経緯を教えて下さい

御澤 参入の経緯には、2つの考えがありました。

まずひとつ目に、これまでの成型ポテトチップスは、「チップスター」(ヤマザキビスケット)と「プリングルズ」(日本ケロッグ/森永製菓)の二極化 のため大きな成長が見られず、横ばいで推移していました。そこで市場活性化を見据え、さらに未参入分野への挑戦も含めて試みました。

既存の成型タイプに対する評価を調べたところ、驚くことに購入ポイントとして味に対する評価が低かったのです。「持ち運びに便利だから」「子どもに与えやすいから」といった理由が多く、おいしさに対する評価は決して高くはありませんでした。そこで我々としては『おいしい成型ポテトチップス』を作ろうとしたわけです。そしてふたつ目に、弊社売上構成の半分以上が生ポテトを使ったアイテムでしたので、新規商品開発としての挑戦です。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年4月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30