home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 株式会社アクリフーズ


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

株式会社アクリフーズ
「くまちゃん占い」シリーズ

(株)アクリフーズの市販品「くまちゃん占い」シリーズは、小さな紙カップのなかに“おいしさ”と“楽しさ”を兼ね備えたオリジナリティー溢れる弁当商材で、今年で発売10周年を迎える人気商品だ。

これを機に8月には新製品<4つのお弁当焼きそば>を発売、同時に定番品の<4つのお弁当グラタン>や弁当スイーツ<焼ハニーおやつ>など3品をリニューアルし、現在7品のラインアップ展開となった。

同社では10周年を記念し、消費者向けの販促キャンペーンを実施し販売網を強化。今後も「くまちゃん占い」シリーズを“末永く皆に愛される商品になっていく様、努力していきたい”と考え、さらなる市場拡大に意欲を燃やす。

「くまちゃん占い」シリーズの開発に携わった、同社営業本部市販用営業部商品企画課担当課長の小松美穂氏と同・釜鳴堅一氏にこれまでの経緯や今後について伺った。

目次

  1. くまキャラ使い目立つパッケージに
  2. 占いは子どもとのコミュニケーションツール
  3. 10周年を記念し新製品やキャンペーンを実施
  4. これからもますます皆に愛される商品に

1.くまキャラ使い目立つパッケージに

「くまちゃん」シリーズは、1999年に発売した「レンジで調理できるカップグラタン」から始まった。

当時、弁当品のグラタンといえば、アルミカップに入ったグラタンをオーブントースターで温めるという商品が一般的だった。そこで、同社では、忙しい朝により早く、簡単に食べられる利便性の高い商品を電子レンジを使って開発できないものかと、数年前から試行錯誤を繰り返していたところ、耐熱性の紙カップなどを使うことで、これまで9分かかっていた調理時間をたった1分に縮小することに成功した。

営業本部市販用営業部商品企画課担当 課長小松美穂氏 釜鳴堅一氏

営業本部市販用営業部商品企画課担当課長の小松美穂氏は、「従来品と比べて8分も調理時間が短縮されたので当初は画期的な商品と思いました。しかし、発売してみると思っていたよりもなかなか売れませんでした」と当時を振り返る。

そこで、再度商品の見直しを行い、“いかにお客様に手に取ってもらえるか”を考えたところ、キャラクターをパッケージに印刷し、商品を目立たせることを優先することとした。こうして誕生したのが今や同シリーズには欠かすことの出来ないメインキャラクター「森 くま太郎=通称:くまちゃん」だ。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31