home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > マンモスの肉!? <シベリアの塩味><焼肉のタレ味>


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


マンモスの肉!? <シベリアの塩味><焼肉のタレ味>
株式会社東ハト
マーケティング本部 商品開発部 スナック開発課
古川紳一朗氏

子どもの頃に憧れた、
原始へのロマンを感じて欲しい!

誰もが一度は想いを馳せるだろうマンモスの時代。株式会社東ハトは、“原始体験スナック”と称してマンモスの肉をイメージした「マンモスの肉!?」シリーズを8月3日にCVS先行で発売した。このインパクトある名前のスナック菓子が、好調な滑り出しをみせている。

現代の“草食系男子”に、“原始人の力を取り戻し、たくましく生きて欲しい”というメッセージも込められているという本品。フレーバーは、<シベリアの塩味>と<焼肉のタレ味>(OP予想販売価格130円前後/ 45g)の2種類あり、商品名だけでなくパッケージや中身にもユニークな仕掛けをした。

同品が発売されるまでのいきさつや味作り、マーケティング戦略などについて、マーケティング本部 商品開発部スナック開発課 古川紳一朗氏に聞いた。

目次

  1. 1.遊び心満載
  2. 2.サプライズ&ユニークな商品を作りたい
  3. 3.ツッコミたくなるパッケージ
  4. 4.リアルじゃないけど、ファンタジーでもない
  5. 5.アンケート回答がびっしり
  6. 6.一蹴されるかと覚悟して臨んだ会議

1.遊び心満載

― 売れ行きはいかがですか?

古川 おかげさまで大変好調です。

今年の販売目標額5億円(09年8月~12月)に対し、発売1ヶ月にして半分近くの約2.5億円を売り上げています。一部では重点商品として扱っていただき、手書きのPOPや立て看板などを出していただく店舗もあるなど、バイヤーさんからの期待が高く、全てのCVSチェーンに導入していただきました。

予想を上回る売れ行きに、工場も我々もお盆休みを返上して対応しました。

― 好調の理由は何でしょう?

古川 何より、ネーミングのインパクトだと思っています。

「マンモスの肉!?」というユーモアと意外性が目を引いて、耳にも残る。ブログ掲載でのクチコミも多いですね。 本品は、味だけでなく“人に伝えたくなる面白さ”を含んだ商品。マンモスという約1万年前にこの世から姿を消した動物の肉=“ 夢の食べもの”を現代に疑似再現したことが、消費者のロマンをかきたて、興味を集めているのだと思います。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30