home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 大正製薬株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

大正製薬株式会社
「Livita」シリーズ

大正製薬が製薬メーカーのノウハウを活かし、科学的根拠に基づいて開発した特定保健用食品などを展開している「Livita」シリーズ。2002年、コレステロールの吸収を抑える成分を配合した飲料「コレスケア」を発売し、翌年には糖の吸収をおだやかにする「グルコケア」の発売とともにブランドを立ち上げ、順調にシェアを伸ばしてきた。

製薬会社ならではの研究体制と信頼から消費者の支持は高く、ターゲットや目的、形態を変えながら、ブランド強化を図っている。昨年12月には、剤形展開としてサプリメントシリーズを発売。充実の商品群を通して、さらなる生活者のセルフメディケーション支援につなげていこうとしている。

ブランドの成り立ちや商品開発のねらい、今後の展開などについて、マーケティング本部の大口峻氏とセルフメディケーション研究開発本部の奥平玄氏に話を伺った。

目次

  1. 製薬メーカーが開発した食品として機能性をアピール
  2. おいしさを実感してもらうために全国規模の試飲会を実施
  3. 商品が持つ機能を正しく伝えるため「機能性表示食品」を選択
  4. 新たなラインアップは“サプリメント”シリーズ4品

製薬メーカーが開発した食品として機能性をアピール

創業100年を越える歴史を持つ大正製薬。OTC医薬品を中心としたセルフメディケーション事業、医療用医薬品を手掛ける医薬事業を両輪としたバランスのよい事業展開で、業界をリードし続けている。

国内では、1991年に特定保健用食品が制度化されて以来、健康ブームに拍車がかかり、健康食品市場は拡大。同社もこの気流に乗って、セルフメディケーションを世間に広く浸透させようと、2002年に特定保健用食品の許可を取得した「コレスケア」を発売。健康食品市場に新規参入した。

当時、コレステロールに関するトクホ商品は珍しかったことも追い風となり、消費者の支持を集めた。2003年には第2弾として血糖値に着目した「グルコケア」を発売。それと同時に、健康ケアブランド「Livita」を立ち上げ、コレステロール、血糖値のほか、血圧、脂質、体脂肪と特定健診の各検査項目に対応した製品シリーズを充実させてきた。

「Livita」シリーズの立ち上げの経緯について、大口氏はこのように語る。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2019年7月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31