home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「ペヤングそばめし」


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「ペヤングそばめし」
マルハニチロ株式会社
開発部 商品企画課 市販冷食チーム 課長役 下川健氏
開発部 商品設計課 市販冷食チーム 課長補佐 萩原慎太郎氏

「ペヤング」とのコラボで話題を生みながら
冷食市場全体の広がりを狙う

マルハニチロのロングセラーヒット商品「神戸名物そばめし」が、発売20周年を迎える。同社は記念すべき年を盛り上げるべく、「ペヤングそばめし」を3月、関東・東北エリア限定で発売した。

同品は、まるか食品の「ペヤングソース焼そば」とのコラボ商品。熱烈なファンを持つ「ペヤング」と、同社の安定した主力商品である「神戸名物そばめし」の融合品は爆発的な話題を呼び、6月には全国発売へと展開した。

冷食売場でひときわ目立つ存在となった同品の、開発経緯およびマーケティングについて、開発部 商品企画課 市販冷食チーム 課長役 下川健氏ならびに、開発部 商品設計課 市販冷食チーム(東京開発センター)課長補佐 萩原慎太郎氏に話を伺った。

目次

  1. 1.「神戸名物そばめし」20周年企画としてスタート
  2. 2.西のそばめしと東のペヤングで全国展開
  3. 3.イメージの再現と既存品とのバランスに苦心
  4. 4.冷食売場への新規ユーザーの流入を狙う

1.「神戸名物そばめし」20周年企画としてスタート

―「ペヤング」とのコラボレーションに至った経緯を教えてください

下川 弊社の「神戸名物そばめし」が、今シーズンで20周年となります。発売当時一世を風靡した商品を、今後どう盛り上げていくかということから検討がスタートしました。

20周年を経て再び「そばめし」の話題作りができないか考える中で、『ペヤング』で圧倒的認知度を誇り、“伊香保温泉ジャック” や“専用ホットプレート” など、我々も驚くような尖った企画を常に打ち出し続けるまるか食品さんに着目し、昨年の春口に先方へ企画を持ちかけました。

―「神戸名物そばめし」とコラボすることを前提で企画されたのですか?

下川

弊社の「神戸名物そばめし」は安定感のある主力商品であり、一層話題性が高まるのではと、“そば×ごはん” を構想しました。弊社もまるか食品さんも、検討を進めるうちに思惑が合致し、昨年夏に“そばめし”で具現化する事となりました。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2019年10月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31