home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > チロルチョコ株式会社


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

チロルチョコ株式会社
「チロルチョコ」

10円があれば買えるお菓子が今、どれだけ世間にあるだろうか。

正方形がトレードマークのチロルチョコが登場したのは、1979年。そのかわいい形状とおいしさ、そして10円という価格に、子ども達の注目を一気に集めた。

だが現在では、もはや子どものためというコンセプトを超え、大人が楽しむチョコレートとしても十分に親しまれている。

その大きなきっかけを作ったのは、やはり2003年発売の「きなこもちチロルチョコ」であろう。チョコの中にもちグミを入れ、きなこもちの味わいを再現したアイディアが大人の間で話題を呼び、大ヒットした記憶は新しい。冬恒例のフレーバーとして、今でも人気トップの座は揺るがない。

他にも、チロルチョコは数え切れないほど多くのアイテムを発売してきた。最近では、ちょっとこだわりのプレミアムタイプも投入し、種類が増えつつある。

発売から早30年。チロルチョコの大きな歴史を振り返るべく、この冬には“30周年記念「チロルチョこたつ」プレゼントキャンペーン”を実施。

このロングセラーと話題性の秘訣は、一体どこにあるのだろうか。

目次

  1. 10円でこんなにおいしいチョコが買える!?
  2. 自分たちが楽しいと思う商品を
  3. 駄菓子屋からコンビニへシフト
  4. ビックリさせる味作り
  5. 驚きはパッケージやキャンペーンにも!

1.10円でこんなにおいしいチョコが買える!?

チロルチョコ株式会社は、もともと福岡県田川市の菓子製造業を営む製菓会社、松尾製菓株式会社から発祥したものである。その創業は1903年(明治36年)と古い。

1962年(昭和37年)になり、チョコレート部門を新設させると同時に「チロル」のブランド名を付けるようになった。当時ではまだ高級品であったチョコレートを、独自製法により、1つ10円という価格での発売に成功させたのだった。当然、またたく間に子ども達の間で愛好され、手軽でおいしい菓子として人気を博した。

昭和48年になると、東京営業所を開設。九州を拠点にしていた営業も全国区へ広がり始めていた。平成15年には創業100周年を迎え、翌年には現在のチロルチョコ株式会社として社名を変更(企画・販売部門を独立)。社名になるほどの看板製品が生まれた、という事由を裏付けている。

ちなみにチロルチョコの名前の由来は、オーストリア西部・チロル地方によるものだ。「チロル」という語感も呼びやすく、評判が高い。チロル州の美しい自然に囲まれた風景と、どこまでも広がる青空の澄みきった空気に満ちた高原地帯、アルプス山脈を間近に臨むその地域で暮らす人々の素朴さ……そういったチロル地方ならではのイメージ全てを表現したようなお菓子でありたいと、いうのがそもそもの始まりだそうだ。

ゆえに発売当初のパッケージには、チロル地方の民族衣装・チロル帽をデザインしたり、のどかな山間の風景写真が取り込んだりしたそうだ。

実は形も、当時の製品と、現在流通しているいわゆる“正方形”の製品とは違う。もともとチロルは3つの山形(ブロック)をしていた。今、「ミルクヌガー <復刻版>」として発売中で、1個30円にして香ばしいピーナッツが練り込んだ懐かしい味わいが楽しめる。

「ミルクヌガー <復刻版>」

当時はこの長方形の商品を10円という価格で発売していたが、物価高騰の折り、1970年代の間に20円、30円にと価格の改訂を余儀なくされた。だが売上げが低迷したため、原点の10円に立ち返ろうと、1979年(昭和54年)には“3つ山”を“1つ山”に分割し、再び10円での販売を開始。これが現在も継承されているわけだ。

つまり「チロルチョコ」の登場は、1962年と1979年の2回あると言える。そして、2回目の登場からちょうど来年で30周年を迎えるほど、ロングセラー商品に成長したのだった。その間には「きなこもち」の爆発的ヒットも多大な貢献となったが、チロルブランドの確立は、同社ならではの“遊び心”を大切にする開発精神が要となっている。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年12月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31