home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「マンナンヒカリ」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「マンナンヒカリ」シリーズ
大塚食品株式会社
営業本部 食品事業部食品製品部
マンナンヒカリ担当PM 高島靖男氏

毎日食べるご飯こそ
「マンナンごはん」でヘルシーに

2008年に導入されたメタボ検診をきっかけに、健康への関心がこれまで以上に高まってきた。脂肪ゼロ、カロリーオフなどさまざまな商品が市場に出回っている。主食であるご飯でカロリー調整が可能な「マンナンヒカリ」は、08年より特別用途食品を一般食品に変えて販売を開始した。

こんにゃく精粉等を原料とした新しい米つぶ状の本品は、お米と合わせて炊くだけという手軽さ、ご飯のカロリー25~30%カット、さらには女性に嬉しいたっぷりの食物繊維が特徴。今では多くの企業から新製品共同開発のオファーがきている。

「マンナンヒカリ」の開発されたいきさつや販促活動、今後の戦略などについて、営業本部 食品事業部食品製品部 マンナンヒカリ担当PM 高島靖男氏に伺った。

目次

  1. 1.NYで見つけたヒント
  2. 2.まさにお米と同じ
  3. 3.老若男女に好まれて
  4. 4.他社からも引っ張りだこのマンナンごはん
  5. 5.マンナンごはんのシンボルマークを広げたい

1.NYで見つけたヒント

― 開発のきっかけは?

高島 90年代、ニューヨークでダンベルを持ってウォーキングをしている女性を見かけたのがきっかけです。それまでの日本では病気に対する「予防」という発想はなく、薬で治療することが当たり前の世界でした。しかし、その女性と出会い、これからは「予防の時代」であると考え、食品を通した「予防」を思いついたのです。日々の生活に取り入れられるものは何か、と考えた時に思いついたのが、日本人が毎日のように食べる「お米」でした。

販売当初は特別用途食品として厚生労働省から認可されており、病態食としての需要が主でした。08年から導入された特別検診制度、いわゆるメタボ検診により認知度が高まり、一般食品として販売を開始しました。CVSのお弁当等に採用されたことも注目を集めた要因のひとつです。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31