home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「森永ホットケーキミックス」


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「森永ホットケーキミックス」
森永製菓株式会社
食品事業本部 食品マーケティング部
プレミックス・デザートカテゴリー担当 
續木映里氏

親子で一緒にクッキング!
ホットケーキで笑顔あふれる家庭に

同社のロングセラー商品のひとつに「森永ホットケーキミックス」がある。

かつて、親子で一緒に作った経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。

今年、発売54年目を迎える同品は、手作りの楽しさを広める大使として、NHK教育番組『できるかな』で活躍したノッポさんを新たに起用し、10年11月にリニューアル発売。パッケージやホームページを介し、消費者へ親子のコミュニケーションの価値や必要性を訴求している。

企業理念「おいしく たのしく すこやかに」に基づき代々受け継がれ、現在の形へと進化した同品の味作り、取り組み、担当者の思いなど、食品事業本部 食品マーケティング部 プレミックス・デザートカテゴリー担当 續木映里氏に話を聞いた。

目次

  1. 1.伸長続けるホットケーキミックス市場
  2. 2.きっかけは“子どもの頃の大切な思い出”
  3. 3.安心して食べていただきたい
  4. 4.常に新しい風を送り続ける
  5. 5.たくさんの笑顔のために

1.伸長続けるホットケーキミックス市場

― 今やすっかり定着した同品ですが、変遷を教えてください

續木 1957年に発売し、今年で54年目を迎えます。当社はこれまで、手軽に作れる“おいしいおやつ”としてホットケーキを日本の家庭に広め、トップブランドの地位を確立してきました。

当初、デパートのレストランなどで提供されていた「ハットケーキ」を家庭で手軽に作れるミックスとして消費者の心を捉え、また、食生活の洋風化やインスタント食品ブームといった時代の流れにも乗り、一般家庭に浸透していきました。(※プレミックス協会参照)

89年頃には、大容量の徳用タイプを発売したことで、市場が大きく拡大したと考えています。

その後、景気低迷などの影響も受け、05年頃までは加糖プレミックス市場自体も落ち込みました。しかし、07年度以降、再び右肩上がりで推移し始めました。近年の小麦の価格高騰にも関わらず、二桁の伸びを見せているのです。

― マーケット伸長の要因は?

續木 食への安全・安心意識の高まりや、不況による節約志向からくる内食志向により、消費者が“手作り”“割安感”を求める傾向にあったことは言うまでもありません。

こうした背景や“おいしく たのしくすこやかに”の企業理念に基づき、07年より親子でともに料理することの楽しさ、素晴らしさを伝えることを目的とした研究結果発表をしています。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年2月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28