home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 蒸し鍋のたれ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


蒸し鍋のたれ
エバラ食品工業株式会社 
家庭用商品開発部 商品開発課 
金子 希氏

いつもの材料といつもの調理器具で
新たな味をご提案

昨今話題の蒸し鍋。外食での蒸しメニューの増加やさまざまな調理器具、レシピ本をきっかけに、“蒸す”調理法に注目が集まっている。

蒸すことでたくさんの野菜を、栄養素も逃さずに摂取できるのだが、家庭で食べる際には“ポン酢”や“ごまだれ”といった定番の味が主流である。

これに着目した同社が、よりおいしい食べ方を提案しようと、今回発売したのが「蒸し鍋のたれ」。家庭では出せない、これまでにない二つの味を市場に投入することで、新たな楽しみ方を食卓に届け、蒸し鍋メニューを市場に定着させようと試みている。

同品の開発に携わった家庭用商品開発部 商品開発課 金子希氏に、開発のきっかけや取り組みについて話を聞いた。

目次

  1. 1.よりおいしく蒸し鍋を
  2. 2.“いつもの”から“新たな”へ
  3. 3.幅広い層に愛される味を求めて
  4. 4.蒸し鍋だけじゃない
  5. 5.自宅で海外の味を楽しむ

1.よりおいしく蒸し鍋を

──開発のきっかけを教えてください

金子 当社では、常に新しい価値をお客様に提供し、市場に新たなカテゴリーを作り上げるような商品開発に 注力しています。こうした背景を下に蒸し鍋に着目したのですが、商品化する中で、2つの点を重視しま した。

まず一つ目が、これまでにない新しい味の提案です。

蒸し鍋を料理されている方はいらっしゃるのですが、“ポン酢”や“ごまだれ”といった定番の味でし か楽しまれておらず、4割程の方がこの味に飽きを感じているようでした。そのため、もっと違った味 わいでも蒸し鍋を楽しんでもらいたい、と考えました。

二つ目が、家庭では簡単に作りにくい味の提案です。

こうしてできあがったのが<バーニャカウダ味><韓国味噌味>の2種類ですが、特にバーニャカウダ については、外食店や検索サイトでも注目度が高まっている味でした。

また、外食店に多い生野菜をディップする食べ方だけでなく、蒸し料理にも合うと考えたこと、他社商 品にもバーニャカウダ味はあるのですが、一回使い切りのパウチタイプであり、瓶タイプで保存可能な 商品が存在していなかったこともきっかけとなりました。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30