home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「カロリーコントロールアイス」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「カロリーコントロールアイス」シリーズ
江崎グリコ株式会社
事業統括本部 マーケティング部 奥野 貴央氏

おいしさ、喜びを詰め込んだ
低カロリーのアイスクリーム

“アイスは全て高カロリー!”“低カロリーのデザートはおいしくない”……こんな意見を持つ消費者は多いのではないだろうか。

また、“アイスを食べたくてもおいしさだけで選ぶことができない”など食事指導を受けてカロリー制限を余儀なくされており、アイスを縁遠いものとしている人もいる。

こうした声を元に、同社が東京医科大学八王子医療センターと共同開発したのが「カロリーコントロールアイス」だ。同品は、80kcalという低カロリーにも関わらず“とろけるおいしさ”が堪能できる。

今やカロリー訴求型のアイスとして市場に定着している同品だが、そこに至るまでには幾重にも渡り研究が進められてきた。開発の経緯からファンを取り込むマーケティングに至るまで、事業統括本部 マーケティング部 奥野貴央氏に話しを聞いた。

目次

  1. 1.待望のアイス
  2. 2.”ならでは”のおいしさを作り出す
  3. 3.広がりを見せるファン層
  4. 4.活発な販促活動

1.待望のアイス

― アイスなのに80kcal!どのような商品なのでしょうか

奥野 同品はアイスで唯一、カロリー訴求商品として市場に定着しているシリーズです。とろけるおいしさを80kcalという低カロリーでお楽しみいただける商品なのです。

― 開発に至った経緯を教えてください

奥野 東京医科大学八王子医療センターの元管理栄養士 福元先生より、01年に依頼を受けたのが始まりです。食事指導を受け、カロリー制限をされている方に向けた商品を開発して欲しいとのご要望でした。

“アイスを食べたいけども、おいしさだけでは選べない”こうしたストレスを緩和できないかといったご相談を受け、先生からの指導の下、開発を手がけたのですが、当初は商品として本当に成り立つのだろうか?といった不安もありましたね。

― 開発に至った経緯を教えてください

奥野 当初は病院内の売店のみで扱われていましたが、専門誌に紹介されたことをきっかけに問い合わせが殺到しました。一般ルートでの販売を強く希望される方が大変多くいらしたのです。

そのご要望にお応えするため、徐々に販売ルートを拡張していきました。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年7月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31