home > 食品新製品トレンド記事:我が社の商品開発 > 株式会社ロッテ


食品新製品トレンド記事 我が社の商品開発


「わが社の商品開発」は、各食品メーカーの新製品開発経緯について、まとめたものである。 過去1年程の間に発売された商品やシリーズ(業務用を除く)の中で、特に注力している商品について市場背景、 販促活動、配荷状況、今後の方向性等詳しく話を聞いた。

株式会社ロッテ
FREBA(フレバ)
<ペッパーソルト>
<わさび醤油 和風>
<ハーブソルト>

国内大手の菓子メーカーのひとつである株式会社ロッテは、おつまみ市場を見据えた新たな取り組みを開始した。

主にガム、チョコレート、キャンディ、ビスケットの4カテゴリーで菓子を発売していた同社だが、11年11月15日に北海道・東北エリア限定で “おつまみスナック”という新しい価値を訴求した『FREBA(フレバ)』を発売。20代男女をコアターゲットとしながら、消費者のトレンドを意識した新しい製品カテゴリーを立ち上げた。

そのいきさつや狙い、今後の抱負などについて同社の商品開発部ノベルティ企画室の村尾雄一氏に話を聞いた。

目次

  1. 満を持して“おつまみスナック”の領域に参入
  2. 20代男女をコアターゲットにして攻めていく
  3. 高い技術とユニークな発想で“楽しいおつまみ”を実現
  4. “新しい部署”が開発を担当。ノウハウを集結

1.満を持して“おつまみスナック”の領域に参入

菓子類のなかでもおつまみ市場は約3,000億円市場と考えられており、アルコールを摂取する20代以上が対象の商品でありながら、チョコレートやスナック菓子類と遜色ない規模を持つ市場と言われている。

それでいて、トップメーカーの市場占有率はわずか10%程度にとどまっているなど、多数のメーカーが乱立しているのが大きな特色だ。メーカーにとっては、それだけビジネスチャンスを発掘しやすい市場ともとらえることが出来よう。

株式会社ロッテもそんなおつまみ市場の特徴に注視した企業のひとつ。流動的な市場のニーズに対応し、ロッテならではの強みを生かした新製品でさらなる業績アップを目指す意気込みだ。

FREBAブランドサイトはこちら



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31