home > 食品新製品トレンド記事:この人とマーケティング > 「麻婆春雨」シリーズ


食品新製品トレンド記事 この人とマーケティング


「麻婆春雨」シリーズ
株式会社永谷園
マーケティング本部 マーケティング企画部
部長 矢島幸一氏

自信をもっておススメします!
我が社オリジナルのメニュー

1981年11月、「麻婆春雨」という聞き慣れない調理品が市場に投入された。

これまでに類を見ない、世間を驚かせるような社内制度で生み出された同品は、約2年間の歳月を経て閃いた“日本オリジナルの中華料理”だ。

今や世代を超えて愛され、誰もが認知している「麻婆春雨」も、昨年30周年という節目の年を迎えた。

これを機に注力した販促や企画、永谷園の精神から開発秘話に至るまで、マーケティング本部 マーケティング企画部 部長 矢島幸一氏に話を聞いた。

目次

  1. 1.驚愕の制度導入
  2. 2.オリジナルだからこそ苦労がある
  3. 3.あらゆる角度から盛り上げる
  4. 4.永く愛されている商品

1.驚愕の制度導入

― 誕生の経緯を聞かせてください

矢島 1979年、創業者である永谷嘉男社長(当時)が導入した“ぶらぶら社員”制度がことの始まりです。

この制度は、とあるひとりの社員(A氏)に課された辞令だったのですが、『これから2年間、世界各国を巡りおいしいものを食べ歩いて、新商品のアイデアを発掘するように』というものでした。とにかく“ぶらぶら”して新商品のアイデアを考えることに専念して欲しい。経費も使い放題、という内容でしたから、当時は大変話題を呼んだそうです。マスコミからも注目され、書籍販売にまで至っています。

こうしたことから、発売当初より「麻婆春雨」は大変話題を呼んだ商品となったようです。



まずはログイン

会員は全情報がご覧になれます。

まだ会員になられていない方

新製品研究会 詳細はこちら


発売日カレンダー

<< 2017年5月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31